chaos mood

カオス・ムード おかねもちになりたい! 20代手取り18万東京一人暮らしOL→だったけど現在無職の自由帳

ガイドブックの活用方法

札幌(北海道)旅行、グアム旅行を目先に控え、
両者のガイドブックに見入っていました!
ああ~楽しみだ〜〜。
やっぱり旅行に行くことを決めてよかったです。

ガイドブックは旅先のマクロを捉えるために
最適なツールだと思います。
ざっくりとした街の配置、名所、名物、その他Tipsなどなど。
パラパラとめくるだけでその土地の暗黙知のようになっている前提情報を
インプットできるのですばらしい読み物です。

ざっくりとあたりを付けたら、気になる事があれば事前リサーチしますが
私はマイペースひとり旅なので出たとこ勝負が多いです。

旅行のスタンスとして私は観光名所をくまなく回りたいというわけではないので
ガイドブックを読み込んで付箋を貼ったり・・という使い方はしません。
旅行にガイドブックは持っていきません。
荷物が多くなることが何よりも嫌なのと、案外無くても問題ないので大丈夫です。
スマホがあれば地図も見られるからね。
スマホの普及って旅行者に絶大なメリットをもたらしたよなーって思います。

じゃあガイドブックなんて要らなくて
全部ネットで済むじゃんという話になるのですが、
上述の通り、ざっくりとその土地をつかむためにはガイドブックのほうが
早いなと感じます。
ネットだと情報が断片的になりやすく
注意点とか全体のスケールを把握しにくかったり、
意外と効率が悪いです。

まとめると、
「旅行は情報収集の初期段階でガイドブックにざっと目を通すといいよ!」
という話でした〜。

そんなことを書いている私も、以前(旅慣れていない時代)は
ガイドブックを無駄に運びながら旅をしていました。
人ってこのように変わるもんですな。
新品のガイドブックを数冊本屋さんで買い求め、付箋を貼ったりして。
それはそれで楽しかったのですけれど。
でも旅先ではほとんど開かなかったりね。
そのような経験を通して、
今はこのスタイルで旅行しております。

治安のいまひとつな地域では、ガイドブックを持って街を歩いている人は
絶好のターゲットにされやすいという話も聞いたことがあります。
お気をつけください。

ということでガイドブックは図書館で借りてくれば十分です。
※図書館には間違いなく全地域揃ってます、私調べ
そして旅立つ前に返却してしまえば、後は旅を楽しむだけ。

いい旅にしましょ!☆

スポンサーリンク