chaos mood

カオス・ムード おかねもちになりたい! 20代手取り18万東京一人暮らしOL→だったけど現在無職の自由帳

美しくドラマティックに

機会あって
一条ゆかり(先生)の『恋のめまい 愛の傷』を再読しました。
少女漫画(のちょっとお姉さん版?)です。
1995年ごろに描かれたものみたい。

その素晴らしさに改めて、感嘆!
なんて美しくて繊細で、ドラマティックなんだろう。

知らない方のために簡単に書くと、
一条ゆかり(先生)は有名な少女漫画家で
代表作はおそらく『有閑倶楽部』あたりなのかな。
私は上以外だと『正しい恋愛のススメ』が好きです。
なかなかぶっ飛んだ話ですけどね。

絵柄が本当に繊細で美しくて、登場するものがみんな美しく描かれていて
それでいてストーリーも面白くて
改めてものすごい作家さんだと思いました。
男性はこういうものの良さってあまり感じないのかな?
素晴らしい作品に性差なんて無い気がするのですけれどね。

読んだこと無い方は、是非読んでみてください。

それにしても、13年も前に描かれた作品ですが
依然として輝いているなあと感じました。
エンターテイメントって日々新しいものが生まれているけれど
出会いの量って限られているから、
巡り合いにかけがえのなさってありますよね。
ホント、そこに誕生してくれてありがとう!みたいな。感謝。

一条ゆかり(先生)の漫画は
重厚な美しさと色気のある作品が本当に素敵です。
そこにある非日常の世界って、少女にも、元少女にも、
憧れの気持ちを思い起こさせる強い魅力があります。


恋のめまい愛の傷 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

スポンサーリンク