chaos mood

カオス・ムード おかねもちになりたい! 20代手取り18万東京一人暮らしOLの自由帳

仕事でもしなきゃやることがない(←?)

驚いたことに、世の中の人って
会社(何らかの組織)に勤める日々を繰り返すということに
それなりに納得しているらしいんだ。

気付き

時は遡ること、22歳。新卒の春。
就職活動の段階から既に「会社勤め嫌い」な自分を悟っていた私は
入社一日目から嫌で嫌で仕方なかった。
(よく私を採用したもんだな。)
はあ・・思い出す。
でも、他のみんな(入社同期)は、それなりにやる気みたいだった。

新社会人になるって時、
『お金がたくさんあったら就職なんてしないのにな〜笑』と、
核心ど真ん中を冗談風に言った私に、
母は『会社でも行かなきゃ、やることないじゃない〜』と言った。
母は、本心でそう言ったのだ。
カルチャーショック!
膝から崩れ落ちそうになった。
平静を装ったけど。
ずっと一緒に暮らしてきた我が母とでさえ、私はこんなに感覚が違うんだ。
カルチャーショックって言葉がこの場合にあってるのかは分からない。

ちなみに母は、超ド平均的な一般感覚の持ち主だと思います。

仕事でもしなきゃやることがない(←?)

私にはお昼寝とかお散歩とかお菓子作りとか押し花とか......
やることは仕事なんてなくても飽和しているのに。

ましてやインターネットがある限りヒマなんてありえないよ。

でも「他にやることもないし」「まあ会社勤めも悪くないよな」って
多数派の人たちはそんな感覚で
日々過ごしているらしいんだ。
(「悪い」よ!!!※わたしに限る)

会社案内の先輩の声紹介みたいなやつ(就活したことある人は分かるよね。)に
掲載されている、
こんなに仕事にやりがいを感じて、充実していて、成長していますジブン!☆
とかそういう記事なんて、ぜんぶ上っ面のPRなんだと思ってたら、
本気でそう思ってるやつ人もいるらしい。
うちの会社も、わたしの同期も、そんなインタビュー喋ってたよ。
(どーしてそんなこと思うの???)

救世主

だったら早々に他の道を自分で切り開ければよかったのだが
そんな力もなく、ぐだぐだとこの状況に陥ってしまった私。
生きるセンスに欠けていた。

まいにち花に水をやり夕日に感動して眠りたいだけなのに・・・
この世の中は、この世の中の主流は、生きづらいよ。

こんなサイクルから抜け出すっきゃない・・・と
広い地球で、ひとりぼっちで、見えない何かと戦っていたところに
ものすごい場所を発見してしまった。
砂漠の中のオアシス、ニッポンのセミリタイア族だ。

彼らは、わたしが今までぼんやりと頭に思い浮かべていた空想を
全部つなぎ合わせて色を塗ったような日々を送っていたのだ!!!

これから

ちょっと生きる希望がみえたよ。
ありがとうセミリタ界隈のみなさん。
本当に感謝してます。

自分の人生は自分で決めればよいのだという確信を持つことができました。

将来のことはちょっと怖いけど、
清水の舞台から飛び降りるみたいに、一歩踏み出すよ。

もっ もうちょっと かかるかな ・・・。

▼セミリタイアな皆様のブログ

にほんブログ村 セミリタイア生活

いわゆる「一風変わった人」なんだろうなあという方もチラホラ観測される界隈。
(わたしもそう言われる側だろう) 
こんなに共感できる&なんか分かり合える(と一方的に思ってます)人たちが、
少なくともこれだけ実在するんだという事実が心強い。

スポンサーリンク